水商売で最も敷居が高いといわれる高級クラブ。東京では六本木や銀座、大阪では北新地など大きな繁華街に多数存在しています。

クラブの様子やホステスの生きざまがマンガやドラマ、映画でも描かれているので、イメージを持っている方も多いと思います。

高級クラブの特徴について

高級クラブの特徴は、簡単にいうとクラブにはママがいること。

チーママやオーナーママなど聞いたことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クラブの仕事内容はキャバクラと基本的には一緒ですが、接客内容やシステムが大きく異なります。

まず接客に関して、キャバクラはお客様とマンツーマンで接客するのに対し、クラブは何人かの女の子がついて接客します。

ママをトップとして、個人じゃなくてチームで接客する感じですね。


一流の人たちが集まる場所

そして、クラブはキャバクラとは異なり、初めてのお客様がふらっとお店に入ることはできません。

いわゆる一見さんお断りで紹介制です。お店のお客様になるためにはそのお店に通っている他のお客様に紹介していただく必要があります。

料金システムやお客様の客層も大きく変わります。

キャバクラは時間制ですが、クラブは席代になり、テーブルチャージ、ドリンク代、指名料などが加算されていく形です。

お客様の客層は中年層から上くらいの地位のある方が多いので、クラブはお客様が支払う金額も大きくなります。

「高級」と頭についているとおり、求められるのはハイクラスのおもてなし。

一流の人たちが集まる場所だからこそ、働く女性に求められる素質や振る舞いは上品さが求められます。