水商売の中で最もメジャーで、人気があるのがキャバクラのお仕事ですね。

キャバクラの料金システムは時間制で1時間いくらといったわかりやすい料金システム。

それもあってお客様も安心して通いやすいので、繁華街にはたくさんの店があり、キャバクラ求人もとても多いです。


基本的なキャバクラの特徴

基本的にキャバクラの特徴は、わかりやすい料金システムの他に、お客様の隣に座ってお客さんとマンツーマンで楽しくお話するというものです。

仕事内容は基本的にはお酒を作ったり、タバコに火を付けたりなど、お客様をおもてなしすることはクラブのホステスと同じですが、ハイレベルな会話や接客は要求されません。

お客さんと楽しくおしゃべりすることがメインです。

高級クラブに比べて敷居が高くないので、学生や水商売が未経験の方でも空いた時間にお小遣い稼ぎ感覚でアルバイトしてる子もたくさんいますね。


キャバクラによってずいぶん違いがある

キャバクラというと夜のイメージがとっても強いですが、夜に営業するお店の他にも朝キャバや昼キャバと呼ばれる日中に営業するお店も増えてきています。

その名のとおり、朝キャバや昼キャバは早朝~お昼にかけて営業してるキャバクラのことで仕事内容はキャバクラと変わりません。

また、システムはキャバクラでも、クラブのような高級感があるお店はニュークラブと呼ばれたりしています。

キャバクラと高級クラブの中間のような感じで、お店の雰囲気や女の子のレベルが一段上に上がったようなイメージで、その分料金体系も高く設定されています。

キャバクラでも営業時間や料金、お店の雰囲気によってずいぶん違いがあるんですね。