キャバクラやガールズバーの他にもまだまだ店舗形態はあります。

今回はラウンジを紹介します。ラウンジは聞きなれない単語なのではないでしょうか。

本来は「ホテル・クラブなど社交室」という意味で、日常ではホテルのロビーや空港に設けられていることが多いですね。

ラウンジの特徴について

ラウンジの特徴はクラブとスナックの中間のような位置づけで、その名の通り広めのゆったりとした店づくりであることが多いようです。

「カウンター主体のクラブ」や「飲食の割合が低い高級スナック」のような感じです。

スナックと何が違うの?と思われる方もいると思いますが、スナックとの違いは接客と料金と考えてよいでしょう。

スナックでの接客は基本的にカウンター越しであり、ボックス席があっても、女性は飲み物を作るだけで、一緒に座って飲んだりはしません。


ラウンジはクラブとスナックの中間

一方、ラウンジでの仕事内容はキャバクラやクラブと同じようにお客様の横に座っての接客になります。

また料金もスナックは比較的安く大衆的なのに対して、ラウンジは高めです。

ただ、ラウンジはクラブとスナックの中間ですので、システムや料金がクラブ寄りのお店もあり、スナック寄りのお店もあり、非常に幅広い店舗形態のようです。